自分の立ち位置

 

自分の立ち位置とは。自分の価値とは。

「自分の立ち位置」

チャートの中で自分がどこに立っていてどこに向かうべきなのか。
立ち位置がわからないと、未来がわからない。

んー。例えるなら自分がプールの中にいたとして
25メートル走するのか。200メートル走するのか。
はたまた水中に潜るのか。
上からダイブするのか。
まさかの幼児プールに乱入するのか(笑)
そんな感覚で「自分の立ち位置」というものをイメージしている。
今どこにいて、なにが必要で、これからどう動くのか。

 

その「立ち位置」を認識するためには。

 

■比較する

自分の特徴を細かく、かつ丁寧に見るには比較が重要。
周りの人々と比べると対象物のことを判断できる。
自分の位置づけが見える。

よく見る女性雑誌の占いのように
YES/NOで比較判断していけば自分の性質が朧げに浮き出てくる。

そのためには比較物をしっかりみて自分の中で情報処理できること。

ただし、ここで注意すべきことは
比較して悲観的にならないこと。
比べて「自分ダメ人間オワタ」じゃあ何にもならない。それは傲慢野郎だ!
謙虚に謙虚に。自分は0で当然だ、と。(自分に言い聞かせてる感ある笑)
過去ばかり振り返っても何もいいことなんか無い。
素直になって、前向きに。

あ、これ比べる対象結構重要だよね。。
付き合う人・学ぶ人を選ぶことって経験と理性だから難しいな!苦手分野!ムムム!

■優先順位

そうして比較するうちに自分の優先順位が見えてくる(はず)

なにが大事なのか。優先事項なのか。
自分の中のランキングをつくる。
日本人が大好きなランキング。
それが立ち位置の根源となる。根が無いと枝葉は伸ばせない。

そして自分の人生のプライオリティを基準に意味のやることをやる。
したいことを明瞭にして、意味のあることをやる。
もう意味のあることをする時間しか無いのだ!(急にバカボン口調)

 

そんなことを書いている私の今の立ち位置は
「プールサイドから水面を見つめている」
どんだけプールの例え気に入ってるんかい(笑)
教室からプールに移動はしたけど、まだプールに入ったことが無いから
怖くて勇気がなくて準備体操し始めた段階・・・
まだ屈伸中・・・(笑)

 

 

70億個の可能性があるんだからやったろー( ´ ▽ ` )ノ